本文へスキップ

宮城県多賀城市立高崎中学校は,「自律」「共生」「創造」を旨とし,「気づき,考え,共に創り上げる生徒」の育成をめざす学校です。

TEL. 022-309-3671

〒985-0862 宮城県多賀城市高崎2丁目25番1号

本校の取り組みAPPROACH

教育方針

校長あいさつ


多賀城市立高崎中学校のホームページにようこそ

 本校は、平成7年(1995年)4月に開校し、今年度20年目を迎える多賀城市内で一番新しい学校です。史都・多賀城にふさわしい瓦葺きの校舎は、地域の誇りでもあり、この素晴らしい学び舎を生徒諸君も誇りに思い、熱心に勉学に励み、スポーツを通して心身を鍛えています。

 校訓「自律」「共生」「創造」のもと、私は「温かく」そして「磨き合う」学校づくりを進めています。

星野 富弘さんのこと 2学期始業式 式辞から

 さて,2学期の始業式に当たり,星野富弘さんのお話をいたします。
 ここに,1枚の絵と詩が あります。みなさんの中にも,知っている人がいるでしょうね。星野富弘さんは,口に絵筆をくわえて,この絵と詩を書かれました。

  神様が たった一度だけ
  この腕を 動かして下さるとしたら
  母の肩を たたかせてもらおう
  風に揺れる
  ぺんぺん草の実をみていたら
  そんな日が
  本当に来るような気がした

 「たった一度だけ/この腕を 動かしてくださるとしたら」・・・腕は,動かない状態なのですね。「たった一度だけ/この腕を 動かして下さるとしたら」,そのただの1回を「母の肩をたたかせてもらおう」というのです。自分が心配を掛け,苦労を掛けたお母さん,その大切なお母さんの「肩を たたかせてもらおう」というのです。

 星野さんは,中学校の新任の体育教師として夢に燃えて赴任して,わずか2ヶ月後,部活動の指導中に,首の骨を折ってしまいました。飛び込み前転からの前方宙返りという実技指導の際に,バランスを崩して首から落ちてしまったのです。その瞬間,バアンという大きな音が耳の奥でしたといいます。首は7個の骨でつながっていて,その4番目と5番目の骨がずれたために,中を通っている神経が異常をきたしてしまいました。
 起き上がろうとしても起き上がれない。手を動かそうとしても動かせない。首から下が全く動かなくなったのです。

 救急車で病院に搬送されてからも,ずっと膝を立てて寝ているような気がしたそうです。疲れて仕方がないので,膝を伸ばしてくれるよう,付き添ってくれているお姉さんに頼むと,「ちゃんと伸びているよ」と言われました。けれども,どうしても膝を立てている感じが抜けないので,何度も確かめてもらいました。
 昨日まで普通に動けたのに,寝返りも打てたのに,まったく動けなくなったのです。「もういやだ。こんなのいやだ」と泣きながら叫びました。涙がどっとあふれて,思わず,手で顔をぬぐおうとしましたが,手がどこにあるか分からない。自分は本当に動けなくなってしまったのだと思い知らされたと言います。

 こうした悲しみや絶望から,口に絵筆をくわえて詩や絵を描くようになるまで,どれだけ多くの年月を費やしたでしょうか。
 それでも彼は,絶望の中から,自分が置かれた現実をしっかり受け止め 自分が生かされていること,その中でできることに,少しずつ,少しずつ取り組みました。

  神様が たった一度だけ
  この腕を 動かして下さるとしたら
  母の肩を たたかせてもらおう
  風に揺れる
  ぺんぺん草の実を見ていたら
     そんな日が
  本当に来るような気がした

 動けない中でも,誰かのことを思い,その人のために何かをしてあげたい・・・こうした星野さんの生き方を,私たちも学びたいものです。

 3月11日の東日本大震災から,3年5ヶ月が過ぎました。この大震災で,実に多くの かけがえのない命が失われました。だからこそ,「生かされてある,このお互いの命をいとおしみ,大切に生きること」を強く望みます。亡くなった方々の分まで,毎日を大切に生きることを願い,式辞といたします。



学校の風景(2)

 (前号からの続き)市の中総体が近づいてきましたので,前回に引き続き,今日は,「私の部活動の思い出」を,お話しいたします。宮城県1位の仙台二中に練習試合に行って,また驚くことがありました。
 亀三男先生の指導の仕方です。大声で指導するということが,全くないのです。それまで,いくつも中学校や高校とも練習試合をお願いしてきましたが,どの学校の先生も,生徒に対して大声で指導されていました。亀三男先生の指導の仕方は,全く違いました。気になる生徒を呼んで,静かに話されていました。こちらには全く聞こえないくらいの声の低さです。話を終えられると亀三男先生は,その場を離れられました。けれども,呼ばれた生徒はその場で,うつむいて立って何かを考えているようでした。
 そして,15分くらいたった後,魔法が解けたようにその生徒は,練習を始めました。このような指導の仕方は,初めて見ました。私は「先生は大声で指導されないのですね」と亀三男先生に尋ねると,亀三男先生は,「生徒ができないのは,先生が指導していないからですよ。」と,優しく言われました。その後,何度も亀三男先生にご指導を受けました。

 また,ある時,古川商業の国分(こくぶん)監督に練習試合を申し込みました。国分先生も「いいですよ。」と 快く引き受けてくださいました。古川商業は,今の 古川学園で,何度も全国優勝を成し遂げた学校です。今度は,全国ナンバー1のチームが相手をしてくれるというのです。
 松島駅から東北本線に乗って小牛田で陸羽東線に乗り換え,古川駅で降りました。駅のすぐ前が古川商業でした。ウオーミングアップのあと,練習試合が始まりました。5,6セット相手をしていただきましたが,松島中学校はどのセットも5,6点取るのが精一杯でした。それでも古川商業は,最後までベストメンバーで相手をしてくれました。一人もベストメンバーを落とすことなくテレビで見ていたメンバーが最後まで相手をしてくれたのです。 試合後に,私は国分先生に尋ねました。「先生,どうして2軍とかを出されなかったのですか?」。国分先生は言われました。自分が初めて古川商業に来たとき,本当にバレー部は弱かった。当時,全国を制覇していた学校は,岩手の陸前高田高校だった。私は,陸前高田高校に練習試合を申し込んだ。先生と同じように電車を乗り継いで陸前高田に行った。自分のチームは全然歯が立たなかったけれども,陸前高田の先生は,一人もベストメンバーから選手を替えずに相手をしてくれた。私は,とても嬉しかった。だから,私もそうしている。」と言われました。この出来事や言葉も,私にとって忘れられないものとなりました。

 中学校の部活動で,皆さんは 何を学ぶのでしょうか,中総体で何を学ぶのでしょうか,今度,聞かせてほしいと思っています。


学校の風景(5月の朝会講話から)

                             平成26年5月1日(木)
 みなさん,お早うございます。
 今日から,5月。1学期の始業式から,1ヶ月が過ぎようとしています。この間,生徒会入会式や,体育祭がありましたが,みなさんが,一つ一つの物事に,一生懸命に取り組む姿を見ることができ,とても嬉しく思っています。
 特に,先週土曜日に開催された「体育祭」では,3年生や実行委員,各係の皆さんが中心となって,本当によく頑張ってくれました。
(1)各学級を象徴する,風になびく色とりどりの旗
(2)準備運動での掛け声の大きさ
(3)仲間と共に全力で取り組んだ競技
(4)縦割りで取り組んだ応援合戦
(5)用具係や放送・審判など,係の見事な動き
(6)インタビューボード前でのインタビューなど,新しい取り組み
(7)閉会式での,アカペラで高らかに歌った校歌の歌声などなど,
 どれもが,大変 すばらしいものでした。
 「かかわり合い」を大切にする高崎中学校のすばらしさを,たくさんの保護者や地域の方々にご覧いただけたと思います。

 また,全員二人三脚で転ぶ人。長縄で足をかける人。人生は,なかなか思い通りにならない。そうですよね。人生は,なかなか思い通りにいきません。そうしたことも学べた体育祭だったと思います。
 それから,努力した者だけが味わえる悔しさと,努力した者だけが味わえるすがすがしさがある。こうしたことも学べた体育祭だったと思います。
 こうした学びを,次に生かしていきましょう。
 さらに今,3年生は修学旅行に向けて準備を進めたり,また,1ヶ月後の市中総体に向けて,全校が一丸となって頑張っている姿も,頼もしく思います。

 それから,土曜日から 大型連休に入りますが,事故には,十分,注意してください。ちょっとした不注意で,一生抱え込む事故に遭うことがあります。ちょっとした不注意で,この3年間の総決算である中総体に出られなくなるような怪我をしたり,コンディションを崩してしまったりすることがあります。特に道路での急な飛び出しや,自転車の事故には,十分,注意してください。

 最後に,市の中総体が近づいてきましたので,今日は,「私の部活動の思い出」を,少しお話しいたします。
 私が初めて教師になったとき,松島中学校に赴任しました。校長先生から,バレーボール部の男子の顧問をしてほしいと言われました。前の顧問の先生が転勤になったので,その後を継いでほしいとのことでした。私は中学・高校と軟式テニスをしてきましたから,バレーボールのことはよく分かりません。でも,「分かりました」と校長先生にお応えして,引き受けました。そして,次の日曜日に仙台に行きました。当時は駅前に「アイエ書店」という大きな本屋さんがありました。今のロフトの隣です。
 そこに行って,「バレーボールのコーチング」「バレーボール上達法」など「バレーボール」という名の付く本を,全て買い求めました。そして,毎日,1ページは読んで,勉強しました。
 練習は,生徒と全く同じ練習をしました。ランニングするときは一番後ろについて走り,パス・レシーブ等,生徒と一緒に練習しました。当時,バレーボール部は毎日,外での練習でした。雨の日も風の日も,泥だらけになりながら外で練習しました。
 そして迎えた多賀城地区中総体。勝てませんでした。生徒たちは,頑張りました。最後の最後まで諦めませんでした。私は,泣きながら 見ていました。これまでの雨の中や風の中で一生懸命,共に練習してきた姿が重なって見えたのです。涙が止まりませんでした。
 頑張ったけれども,まだまだ足りないと思いました。

 3年生から2年生・1年生に思いは引き継がれ,新しいチームになりました。当時,宮城県を制覇していたのは,仙台二中でした。私は,仙台二中に,練習試合を申し込みました。仙台二中を指導されていたのは,佐々木亀三男先生でした。電話をすると亀三男先生は,快く「いいですよ」,と引き受けてくださいました。そして,「交通手段は何ですか。」「東北本線です」と答えると,「何時に着きますか」と尋ねられました。

 当日,松島駅から,みんなで電車に乗って,仙台駅に着き,改札口を出たとき,一人の男子生徒が近づいてきて,「松島中学校のバレー部のみなさんですね。お迎えに上がりました」と言われました。私も 生徒も,とても驚きました。私たちのような,まだ弱いチーム に,県ナンバー1のチームが,このような細やかな心遣いをしてくださる。襟を正す思いがしました。
 そしてバス乗り場まで案内され,バスに乗り,学校に着きました。練習が始まって,また驚くことがありました。(続く)


平成26年度 第1学期始業式 式辞

                            平成26年4月8日(火)
 新しい1学期,新しい学校の一年が始まりました。  
 厳しい冬の寒さを耐え抜いた植物が今,美しい花を咲かせようとしています。
皆さんは今,どのような気持ちで新学期を迎えているでしょうか。

 これまで皆さんは,
「自律」「共生」「創造」という3つの校訓のもと,
「気づき,考え,共に創り上げる生徒」

という本校の学校教育目標の実現を目指し,勉強や部活動・生徒会活動などに,生き生きと取り組んできました。そして,文化・体育の両面で,県はもとより,東北・全国大会においても,数々の優れた成果を残してきました。

 こうした,すばらしい伝統を引き継ぐためにも,今,みなさんに期待することは,「未来を見つめ,志高く夢や希望をもつ」ということです。

 千年に1度と言われる東日本大震災が起きて三年。それは,私たちに自然や人との向き合い方を問い直させ,原子力エネルギーとの共存について,考え直しを迫っています。
 私たちは今,歴史の大きな変わり目に立ち会っていると思います。今回の大震災は,日本の歴史を変え,日本の社会を変えた大震災として,未来の書物に書かれているはずです。
 そこには,どんな内容が書かれているでしょうか。
 私は,大きく二つのことが書かれていると確信します。
 一つは,「日本人の道徳性の高さ」です。これだけの大災害に見舞われながら,取り乱したり,勝手なことをする日本人が,ほとんどいなかったという事実に,世界中の人々が驚いています。
「何時間も黙って列に並んで,わずかな品物を,お金を支払って買う」「給水車の前に,小さな子供までがペットボトルを持って並び,ありがとうと言って,水を受け取る」「被災地に,ボランティアが全国各地から老若男女を問わず支援に入る」こうした,多くの日本人の振る舞いが,世界の人々の感動を呼び起こしています。  
 もう一つ,未来の書物に書かれていることは,皆さんのことです。そこには,こう書かれているはずです。「平成の大震災で,日本は大変な被害を受けた。しかし,当時の若者が懸命に知恵を絞り,汗を流して働き,日本は急速な回復と発展を遂げた。」

 日本の国は,みなさんの力を必要としています。是非,みなさんの得意なところを生かして,日本のために力を尽くしてください。
 私は信じます。
 20年後,皆さんが,今のあなたのお父さん,お母さんの年齢になった頃に,日本は,これまで以上に,すばらしい国になっていることを。そして,お世話になった世界中の国々に,恩返しをする国になっていることを。
 その幸せな新しい日本の国をつくる主役は,皆さんです。
 是非,日々の生活の中で,知恵を磨き,道徳性を高め,体を鍛えてその日に備えてください。

 未来を見つめ,志高く 夢や 希望を,持ち続けてください。
 そして,できるところから,小さな一歩を踏み出してください。


 この1年のスタートに当たる日,宮澤 章二の次の詩を,みなさんに贈ります。

  時には あたたかな目で
  時には きびしい目で
  ぼくらを 一心に待っているものが
  はるかな行く手に 高く 手をあげている
 
  前途が つねに快晴とは限らない
  明るかったり 暗かったりするけれど
  雨や雪が 一年中降り続くことなど ない
  
  一心に待たれているから
  ぼくらは 一心に生きることができる
  一心に歩き続けることができる

  歩きながら ふと投げる視線の先
  はるかに待っていてくれるものの光が
  足元にまで 美しく とどいている
その光を ぼくらは〈未来〉と 呼ぶ
 
「未来を見つめ,志高く 夢や 希望をもって」努力し続ける みなさんの姿を期待して,式辞といたします。


校内研究

研究のテーマ

主題  かかわり合い学ぶ生徒の育成
副題  言語活動の質を高める課題設定の工夫

  



バナース

宮城県多賀城市立高崎中学校

〒985-0862
宮城県多賀城市高崎2丁目25番1号

TEL 022-309-3671
FAX 022-309-3673